医学部 基礎医学薬理学Pharmacology

JapaneseEnglish

研究室HP

薬理学2016

昭和48年(1973年)4月に開講した薬理学教室は、同年6月に初代の吉村政弘教授が着任し、昭和57年(1982年)からは鈴木史郎教授、平成6年(1994年)からは西尾眞友教授が講座主任を引き継いだ。平成28年(2016年)7月からは石橋隆治教授が講座主任となり現在に至っている。現在は(1)血管拡張薬とその新たな作用機序の研究、(2)痛みの受容・伝達とその制御機序の研究、(3)アセチルコリン受容体による神経精神機能の制御機構に関する研究を行っている。このように様々な視点から、薬物を利用して生体の情報伝達機構を解明し、治療における新しい分子標的を探索するための研究を進めている。
新規薬物の開発、高齢者患者や複数疾患を有する患者の増加等に伴って、薬物の使用法は今日、より複雑化し、薬物治療を行う際には細心の注意が求められている。教育の面では、年々増大する薬理学の知識を取捨選択して学生と共に考え、病態生理を理解した上で疾病治療に用いる薬物の適用を考え得る力、さらには副作用の予測を立て得る力を持った医師の育成を目指している。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8107 / FAX: / Email: pharmaco@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 石橋 隆治 薬理-石橋教授2016(学報)

嘱託教授

  • 西尾 眞友

講師

  • 益岡 尚由

嘱託講師

  • 吉田 純子

助教

  • 今泉 範子

研究員

  • 工藤 麻希子

秘書

  • 新沢 泰子

主な研究業績

部門別研究業績

  • Long-Term Activation of Group I Metabotropic Glutamate Receptors Increases Functional TRPV1-Expressing Neurons in Mouse Dorsal Root Ganglia.
    Takayoshi Masuoka, Makiko Kudo, Junko Yoshida, Takaharu Ishibashi, Ikunobu Muramatsu, Nobuo Kato, Noriko Imaizumi, Matomo Nishio.
    Front Cell Neurosci. , 10:79, 2016
  • Biphasic modulation by mGlu5 receptors of TRPV1-mediated intracellular calcium elevation in sensory neurons contributes to heat sensitivity.
    Takayoshi Masuoka, Tadayuki Nakamura, Makiko Kudo, Junko Yoshida, Yuki Takaoka, Nobuo Kato, Takaharu Ishibashi, Noriko Imaizumi, Matomo Nishio.
    Br J Pharmacol. , 172(4): 1020-1033, 2015
  • Knockdown of stromal interaction molecule 1 (STIM1) suppresses store-operated calcium entry, cell proliferation and tumorigenicity in human epidermoid carcinoma cells
    Junko Yoshida, Kuniyoshi Iwabuchi, Tadashi Matsui, Takaharu Ishibashi, Takayoshi Masuoka, and Matomo Nishio
    Biochem. Pharmacol., 84 (8): 1529-1603, 2012
  • Role of Plasma S-nitrosothiols in Regulation of Blood Pressure in Anesthetized Rabbits with Special References to Hypotensive Effects of Acetylcholine and Nitrovasodilators
    Takaharu Ishibashi, Tomoko Miwa, Naoki Nishizawa, Ikumi Shinkawa, Junko Yoshida, Tomie Kawada and Matomo Nishio
    Biol. Pharm. Bull., 34 (8): 1307-1313, 2011
  • Different Disappearance Rates of Plasma Nitrite (NO2-) Contribute to Apparent Steady-State Arterio-venous Differences in Anesthetized Animals.
    Takaharu Ishibashi, Naoki Nishizawa, Mihoko Nakamoto-Nomura,Fusae Abe, He Liu, Junko Yoshida, Tomie Kawada and Matomo Nishio
    Biol. Pharm. Bull., 34 (4): 528-537, 2011

主な外部研究資金

  • 科学研究補助金 若手研究(B)、平成28年度~30年度、「ストレス性精神疾患における細胞内ムスカリンM1受容体の役割」、研究代表者:益岡尚由、4,030千円
  • 科学研究補助金 基盤研究(C)、平成26年度~28年度、「末梢性代謝型グルタミン酸受容体による熱痛覚過敏および鈍麻の分子機構解明 」、研究代表者:西尾眞友、4,940千円
  • 科学研究補助金 挑戦的萌芽研究、平成26年度~27年度、「アセチルコリンによる細胞内受容体を介した新たなシナプス可塑性調節機構の解明」、研究代表者:工藤麻希子、3,770千円
  • 科学研究補助金 若手研究(B)、平成25年度~26年度、「細胞内ムスカリン受容体によるシナプス可塑性制御機構の解明と認知症との関連性」、研究代表者:益岡尚由、4,420千円
  • 科学研究補助金 基盤研究(C)、平成23年度~25年度、「カルシウムセンサーSTIM1の扁平上皮がん細胞増殖における機能解析」、研究代表者:吉田純子、5,200千円